So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

お手軽な仮想サーバ「VMware Player」のインストール [仮想サーバ]

サーバの動作テストとかをするのにPC用意してインストールして、設定してだと時間が掛かるので、
簡単な方法として、仮想サーバを構築するのがお手軽ですね。
最近は色々な仮想サーバソフトが有りますが、一番簡単なのは「VMware Player」かと思います。
非営利目的の使用のみ無料ですが、自宅でテスト使用するには問題無いですね。
それ以上のことをする場合は、「VMware Workstation」を購入することになります。

使用するPCも最近はパワーの有るPCが多いので、特に考えなくても良いですね。
更に高度な使い方をする場合は、CPUがIVT(仮想化機構)等を搭載している必要は有りますが。
あとメモリも使うので、出来るだけ増やしたほうが良いですね。

インストールは
https://www.vmware.com/jp/
のサイトからインストーラーをダウンロードしてインストールすることが出来ます。
ユーザー登録が必要だったかな。
32bit版と64bit版が有るので、使用しているOSを確認すること。
Linux版も有るので、Linux使用している方はLinux版をダウンロード。

インストールが終わったら、仮想マシンの作成。
必要なのは構築したい仮想マシンのインストールDVDまたはCDROM。isoファイルでも可能。
サーバー用途の最小限のisoファイルなら数百MBくらいですが、GUIが標準のフルパッケージなんかは4GB以上有るので、光回線じゃないと厳しいかも。
WiMAX2とかPocket WiFiみたいに制限付きの回線を使用していると、直ぐに制限が掛かるので気をつけたほうが良いですね。この場合はDVDROMなどのメディアを用意したほうが良いですね。

スポンサードリンク
シャンパン酵母エキス