So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

Windows10で仮想環境を作る。 [仮想サーバ]

Windows10の無料アップデート期間中に、アップデートをしたのですが、
折角なので新規インストールでWindows10を入れた所、テスト環境で使用していた
Oracle VM VirtualBoxをインストールしたのですが、ゲストが起動しない。
正確にはゲストをインストール出来ませんでした。
インストールメディアを選択し、ゲストを起動するとインストール画面は表示されるのですが、
先に進まずフリーズ状態となります。
何種類かOSを試したのですが、どれも同じ現象でした。
CPUがIntel-VTに対応していて、BIOSでもenable(有効)にしているのですが。
ゲストOS選択時に64bit版が選択出来ない(表示しない)のも気になります。
サポートページには対応しているようなのですが。
http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/virtualbox/support/index.html

テスト環境でどうしても仮想環境が欲しいので、色々探していたらWindows10には「Hyper-V」と
いうのが標準で有りました。
Hyper-Vのインストールは簡単で、
「プログラムと機能」→「Windows の機能の有効化または無効化」→「Hyper-V」を選択で、
インストールが完了しました。
avastが入っているとインストール途中でエラーになるようですが、無効にすればインストールが出来ました。
インストール後はavastを有効にしても大丈夫そうです。
ゲストでCentOS7も無事にインストール・起動が出来ました。

操作性はOracle VM VirtualBoxと違いますが、使い勝手は悪く無いです。
Hyper-VはWindows10HomeやMobileには対応していないので注意が必要ですね。
ハードウェアが対応しているかを確認するのは、
systeminfo.exe
をコマンドプロンプトで実行し、Noが表示されなければ大丈夫みたいです。
メモリが最低4GBとなっているので、テスト環境で使うには8GB無いと厳しいかもしれませんね。

スポンサードリンク
シャンパン酵母エキス