So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

KVMのゲストOS(CentOS7)をクローンで作成した後、起動しない時。 [仮想サーバ]

KVMのゲストOSをCentOS7で作成し、virt-cloneコマンドや仮想サーバマネージャのクローン作成でコピーを作り、にゲストを起動すると「ドメイン ゲストOSの起動に失敗しました」と表示が出て起動しない。
virsh list --allコマンドや仮想サーバマネージャのリストにはクローン作成したゲストは存在している。
原因はゲストOSの定義ファイルの一部が何故か更新されていない。
virsh edit ゲスト名
で、ファイルを開き、
path=に設定されている内容が、クローン元の情報になっているので、クローン作成した情報に書き換えると起動するようになる。

ただし、このまま起動するとクローン元と同じIPアドレスになるので、両方起動するのであれば
virt-edit -d ゲスト名 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
で、ネットワークI/F設定を開き、IPアドレスを変更すれば両方起動することが出来るようになる。
macアドレスはクローン元からは変更されているのでそのままでも利用可能。

スポンサードリンク
シャンパン酵母エキス