So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

DynamicDNSの利用と設定 [Network]

自宅サーバでテスト環境を構築する時に必要なのが、ドメインとグローバルIPかな。
固定IPとドメインを持っていれば楽なのだが、コストが掛るので避けたい。
ということで、使えるのがDDNSですな。
YAMAHAのルータ使ってたら、ネットボランチDNSサービスが使えるんだけど、持ってない場合は
色々と提供されているDDNSを使うのが良い。
無料と有料と使えるところが有るけど、出来れば無料が良いですな。

使い勝手が良さそうなのはMyDNSのようなので、MyDNSに登録してみた。
MyDNSの「JOIN US」から登録者情報を入力して、CHECKで登録。
登録したメールにアカウントが届くので、そのアカウントを入力しログイン。
「DOMAIN INFO」で、ドメイン名とAレコードを登録。
あとはCMANサイトなどで、現在使用しているグローバルIPを検出し、
検出したIPアドレスを「IP ADDRESS DIRECT」で入力して、CHECKをクリックすれば取り敢えず完了。
CMANでホスト名を入力して検索したら、先程登録したIPが表示されればOK。

あとはグローバルIP定期更新が必要だけど、これはDiCEを使うと良さそう。
DiCEをダウンロードして、ファイルを/usr/local/binへ解凍・展開。
# cd DiCE
# ./diced
で、設定する。
:add
で、DDNS環境を登録。
:setup
で、環境設定を登録。

# ./diced
で、
/lib/ld-linux.so.2: bad ELF interpreter:
エラーが出たら、ld-linux.so.2が無いので、
# yum install ld-linux.so.2
を実行し、インストール実施でOK。

Teratermなどで、文字化けするようであれば、文字コードをEUCに設定する。

:setup

IPアドレスの検出をテストしますか? (Y/N)
で、返事がない場合は、その前の
IPアドレスの検出方法を指定してください
で、「2」を選択、
スクリプトのURLを入力してください
で、
http://checkip.dyndns.org/
を入力すれば、グローバルIPが検出されるはず。

このままだと、OS再起動するとDiCEが停止するので、
/etc/rc.d/rc.local
に、
/usr/local/bin/DiCE/diced -d -l
を追加すれば、再起動時にもDiCEが起動しますね。
”-d”はデーモン起動、”-l”はログ作成。

後はサーバ構築とルータでNATなりNAPTで、サーバに必要な設定をすれば、
グローバルからホスト名でアクセスが可能となりますな。
スポンサードリンク
シャンパン酵母エキス