So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

USBの無線LANアダプタ(WLI-UC-GNM)が時々遅くなる時にやってみたこと。 [Network]

クライアントPC(デスクトップ)に無線LAN子機を接続して、WiFi環境で利用していると時々遅くなるときが有る。
電波の状態は悪くなく、速度が早い(70Mbps位)ときと同じくらいの状態でも、遅くなると1Mbpsまで落ち、しばらくこの状態になり、またしばらくすると元の速度に戻ったりする。
速度が遅くなった時に、一度無線LAN子機を外して再取り付けすると回復したりもするが、しばらくすると遅くなる。
無線LAN親機との間に障害物は無い。
電子レンジは有るけど、使用に関係なく現象が出たりする。

どのタイミングで現象が出るかが分からないため原因は不明でしたが、色々調べてみると無線LAN子機の電源管理が怪しそう。

「コントロール パネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワーク接続」で、
該当のアダプタのプロパティを開く。
「接続方法:」の「構成」を開き、「電源の管理」を開く。

電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする(A)」
のチェックボックスにチェックが入っていたら、チェックを外しオフにする。

この設定変更をしたら、速度が遅くなることがなくなりました。
他の無線LANアダプターも該当するかもしれないので、遅くなるようなことが有れば
確認したほうが良さそうです。
OSはWindows10で確認しましたが、Windows7やWindows8などのWindowsOSやLinuxでも有りそうです。

Linuxの場合は、ifconfigでインターフェースの状態を確認し、
wlan0などの設定で、
Power Management:on
が表示されれば、これをoffにすれば、良いそうです。

無線LAN使用時で、遅くなるときは要確認ですね。
スポンサードリンク
シャンパン酵母エキス