So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

Zabbixサーバでネットワーク機器を監視するためのメモ [zabbix]

Zabbixでサーバを監視する時は、サーバにzabbix-agentをインストールすれば、監視することは可能だが、
ネットワーク機器を監視する場合は、snmpを利用して監視する。
しかし、ZabbixはZabbixサーバをインストールするだけでは、snmp監視が出来ないので、その追加設定のメモ。
サーバ環境はCentOS7

・インストール
 snmpとsnmpttのインストール
 # yum install net-snmp net-snmp-perl
# yum --enebalerepo=epel install snmptt perl-Sys-Syslog
epelリポジトリが利用できるようにしておく。
 ※perl-Sys-Syslogをインストールしないとエラーになる。

・ZabbixServer設定ファイル変更
 # vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
  StartSNMPTrapper=1

・snmptrapdの設定と起動
 設定
 # vi /etc/snmp/snmptrapd.conf
authCommunity log,execute,net public ←community名
perl do "/usr/share/snmptt/snmptthandler-embedded";

# vi /etc/sysconfig/snmptrapd
OPTIONS="-m +ALL -On"

 起動
 # systemctl start snmptrapd
# systemctl enable snmptrapd

・snmpttの設定と起動
 設定
 # vi /etc/snmp/snmptt.ini
   mode = daemon
date_time_format = %H:%M:%S %Y/%m/%d
net_snmp_perl_enable = 1
net_snmp_best_guess = 2
syslog_enable = 0
sleep = 1

 # vi /etc/snmp/snmptt.conf
EVENT general .* "General event" Normal
FORMAT ZBXTRAP $aA $ar $1
 # touch /var/log/snmptt/snmptt.log
# chown snmptt.snmptt /var/log/snmptt/snmptt.log

 起動
 # systemctl start snmptt
# systemctl enable snmptt

で、Zabbixサーバのsnmp設定が完了。
他端末からsnmptrapコマンドでテストして、サーバのログに書き込みが有ればOK
 # snmptrap -v 2c -c public 192.168.0.100 '' .1.3.6.1.6.3.1.1.5.3

ログに書き込みができない場合は、community名に間違いが無いか、iptablesやfirewalldの設定が間違えていないかを確認してみる。

スポンサードリンク
シャンパン酵母エキス