So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

KVMを管理するコマンドのメモ。 [仮想サーバ]

仮想サーバKVM上で動作しているゲストOSの管理を全てGUIで出来れば、コマンドはあまり必要無いと思うのですが、リモートで管理だとそうはいかないので、そのためのメモ。
基本的にvirshコマンドを使用。

ゲストOSの確認
# virsh list
起動しているゲストの一覧を表示
# virsh list --all
--allを付けることで、シャットダウンしているゲストも表示される。

ゲストOSの停止
# virsh shutdown ゲスト名
これでも停止しない場合は、
# virsh destroy ゲスト名
で、強制停止する。オススメはしないので、それなりに待っても停止しない場合に実行かな。

ゲストOSの起動
# virsh start ゲスト名
ゲストOSの自動起動(ホストOS起動時にゲストも起動させる)
# virsh autostart ゲスト名
自動起動解除は--disableを付ける
# virsh autostart --disable ゲスト名

ゲストOSの登録
# virsh define /etc/libvirt/qemu/ゲスト名.xml
他のKVM仮想サーバからゲストOSを移動して登録したりなど。

ゲストOSの解除
# virsh undefine ゲスト名
管理から解除する。

イメージファイルの削除は手順が少し有る。
# virsh pool-list --all
で、削除対象のpoolを確認。
削除するイメージの確認。
# virsh vol-list pool名
イメージの削除
# virsh vol-delete --pool pool名 イメージファイル名

または、
# virsh vol-delete /var/lib/libvirt/images/イメージファイル名
でも削除可能。

ゲストOSへコンソール接続
# virsh console ゲスト名
接続出来ない場合は、ゲスト側にコンソール接続の設定を入れる。
grub.cfgのkernel設定に
console=tty0 console=ttyS0,115200n8
を追加。
CentOS7の場合は
/etc/default/grub
の”GRUB_CMDLINE_LINUX="行に追加し、
# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
を実行する。
# /etc/inittab
S0:12345:respawn:/sbin/agetty ttyS0 115200
行を追加し、ゲストOSを再起動すれば、ホストからのゲスト接続が出来るようになる。

スポンサードリンク
シャンパン酵母エキス