So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

CentOS7でRocket.Chatをインストールしたメモ [Linux]

社内などローカルネットワーク環境で、何か良いチャットツールが無いかなと思い、色々調べたらRocket.Chatが良さそうなので、インストールしてみました。
サーバOSはCentOS7です。

インストールはCentOSのみのリポジトリでは出来ないので、EPELリポジトリを追加します。
# yum -y install yum-plugin-priorities
# sed -i -e "s/\]$/\]\npriority=1/g" /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
# yum -y install epel-release
# sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/epel.repo

Rocket.Chatのインストールに必要なもの、MongoDBNode.js等をインストール。
# vi /etc/yum.repos.d/mongodb.repo
[mongodb]
name=MongoDB Repository
baseurl=http://downloads-distro.mongodb.org/repo/redhat/os/x86_64/
gpgcheck=0
enabled=1

# yum install -y nodejs curl GraphicsMagick npm mongodb-org-server mongodb-org gcc-c++
# npm install -g inherits n
# yum install nodejs npm
# yum --enablerepo=epel install nodejs npm
# npm install -g inherits n
# n 4.5

Rocket.Chatをダウンロードし、インストール。
# cd /opt/
# curl -L https://rocket.chat/releases/latest/download -o rocket.chat.tgz
# tar zxvf rocket.chat.tgz
# mv bundle Rocket.Chat
# cd Rocket.Chat/programs/server/
# npm install

サイト名等編集
# vi /opt/Rocket.Chat/rocketchat.env
PORT=3000
ROOT_URL=ホスト名またはIPアドレス:3000/
MONGO_URL=mongodb://localhost:27017/rocketchat

ポート番号は3000になっているけど、変更も可能。

MongoDBの起動と自動起動設定
# systemctl start mongod
# chkconfig mongod on

# systemctl enable mongod
で、自動起動設定をすると、以下の表示が出る。
mongod.service is not a native service, redirecting to /sbin/chkconfig.
Executing /sbin/chkconfig mongod on

Rocket.Chatの起動ファイル作成
[Unit]
Description=The Rocket.Chat server
After=network.target remote-fs.target nss-lookup.target nginx.target mongod.target
[Service]
ExecStart=/usr/local/bin/node /opt/Rocket.Chat/main.js
EnvironmentFile=/opt/Rocket.Chat/rocketchat.env
StandardOutput=syslog
StandardError=syslog
SyslogIdentifier=rocketchat
User=root
[Install]
WantedBy=multi-user.target

Rocket.Chatの起動と自動起動設定
# systemctl daemon-reload
# systemctl enable rocketchat.service
# systemctl start rocketchat.service

サービス起動確認
# systemctl status rocketchat

あとは、クライアントからWebブラウザを起動してアクセス出来ればOKかと。
アクセスできない場合は、firewalldの設定またはIptablesの設定を追加またはサービス停止。
SELINUXの無効化等をすればいけるかと。

インターネットへ公開する場合は、nginxやsquidなどでリバースプロキシを構築・設定して利用したほうが良さそうです。

スポンサードリンク
シャンパン酵母エキス