So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

Windows10でWindowsUpdateをすると正常に終わらないときに対応してみた時のメモ [Windows]

Windows10WindowsUpdateは自動的にかつ強制的にされるので、更新プログラムの更新忘れが無く、セキュリティ上好ましいのですが、使っているPCの環境によっては、更新プログラムが正常にインストール出来ず、アンインストールと更新プログラムのインストールを繰り返しされる場合が有る。
更新プログラムによっては再起動が必要な場合も有るので、インストールが正常に終わらない場合は、パソコンが使えるようになるまでに時間が掛かり、最悪起動しなくなる可能性も有る。
KB4054517KB4056892で正常に更新プログラムがインストールできなかったので、その時に対応した方法のメモ。

「Windowsの設定」から「更新とセキュリティ」を開く
「更新プログラムのインストール履歴を表示」をクリックし、
「インストールできませんでした」または「インストールが失敗しました」の
更新プログラムを確認する。
マイクロソフトのサイトから、
「更新プログラムの表示または非表示」トラブルシューティング ツール パッケージ
をダウンロードする。
wushowhide.diagcab」がダウンロードされたら起動する。
「次へ」をクリックすると、問題を検出しますが表示され、
しばらくすると、メニューが出てくるので「Hide updates」をクリックする。
一覧が表示されるので、自動でインストールをしたくない更新プログラムを選択し、
「次へ」をクリック。
で、自動的にインストールはされなくなる。
更新プログラムは手動でインストールすると、インストールが出来る場合が有るので、
Windows Update カタログ で、該当する更新プログラムを検索、ダウンロードしインストールする。

自動更新が出来ない原因はウイルス対策ソフトやインストールされているドライバーなど色々と有るので、個別で調べるしか無い。

大きなファイルを分割して結合する方法(binary含む)。 [Windows]

昔と違って最近は大容量なものでも転送出来るようになってきていますが、
それでも使用するアプリの仕様や、制限などで一度に送れない場合が有ります。
その時はファイルを分割して転送し、転送先で結合すれば出来ます。
(ちょっと手間が掛かりますが)

まず分割する方法ですが、色々と方法は有りますがアプリで7zipを使うのが便利です。
https://sevenzip.osdn.jp/
7zipは色んなフォーマットの圧縮・解凍が出来るので便利です。
Linuxで使用しているtarも解凍できるのが良いですね。
/etcをtarでバックアップしてWindows上でファイルチェックとか出来ますし。

インストールが完了したら、対象のファイルを右クリックすると「7zip」のメニューが出るので選んで、「圧縮」を選択すると「ファイル圧縮」の窓が出てきます。
下の方に書庫を分割と有るので、必要なサイズを選択しOKをクリックすると分割されます。
今では殆ど使われないフロッピーサイズとかもありますね。

分割されたファイルを転送し、転送先で結合する方法は、コマンドプロンプトを起動して、
copy /b aaa.zip.001+aaa.zip.002+aaa.zip.003 aaa.zip
/bはバイナリファイルの場合
で結合することが出来ます。
結合が不安で元のファイルと比較をしたいときは
fc /b aaa.zip aaa.zip
(元ファイル) (結合後ファイル)
で確認が出来ます。

あまり使用することは無いと思いますが、メモ程度で。

WindowsServerを無償で使う方法(検証用ですが) [Windows]

CentOSFedoraなどのLinuxOSでサーバー構築する場合は、OSのライセンスが無料なので、テスト機などの構築が簡単に出来ますが、WindowsServerでテスト機を構築するとなると、ライセンス契約が必要になるので、何かとお金が掛かる。
職場などでMSDN契約してれば問題は無いのですが、これもお金が掛かるので中々難しい。
でも、やっつけ本番はダメ出し、やることに自身が有ってもテストはしたい。
と思って色々と探してみたら、マイクロソフトから良いものが提供されてました。

TechNet Evaluation Center

マイクロソフトにユーザー登録は必要ですが、最大で180日使用出来るみたいです。
また、最新版のWindows Server 2012 R2だけでなく、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2などもダウンロード出来るみたいですね。
Preview版ですが、Windows Server 2016も有りますね。
ISO版やVHD版が有るので、使用用途でダウンロードが出来るのも良いです。
その他にもクライアントOSのWindows10や、オフィスソフトのOffice Professional Plus 2013なども有り、マイクロソフト製品が揃っています。
動かすためのパソコンやサーバーは必要ですが、最近のパソコンはスペックが高いので、VMware Playerなどを使えば簡単に動作確認が出来ます。
本体にインストールする場合は、DVDディスクなど作成が必要ですが、そんなにコストは掛からないですね。

TechNet Evaluation Centerを利用すれば、お金が掛かるWindowsServerの検証も安く出来るので便利です。
ただ、あくまでも評価版(検証用)なので、本番では使用しないように。
本番で使用すると、マイクロソフトから何らかのペナルティが有るかもね。


スポンサードリンク
シャンパン酵母エキス