So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク
仮想サーバ ブログトップ

KVMを管理するコマンドのメモ。 [仮想サーバ]

仮想サーバKVM上で動作しているゲストOSの管理を全てGUIで出来れば、コマンドはあまり必要無いと思うのですが、リモートで管理だとそうはいかないので、そのためのメモ。
基本的にvirshコマンドを使用。

ゲストOSの確認
# virsh list
起動しているゲストの一覧を表示
# virsh list --all
--allを付けることで、シャットダウンしているゲストも表示される。

ゲストOSの停止
# virsh shutdown ゲスト名
これでも停止しない場合は、
# virsh destroy ゲスト名
で、強制停止する。オススメはしないので、それなりに待っても停止しない場合に実行かな。

ゲストOSの起動
# virsh start ゲスト名
ゲストOSの自動起動(ホストOS起動時にゲストも起動させる)
# virsh autostart ゲスト名
自動起動解除は--disableを付ける
# virsh autostart --disable ゲスト名

ゲストOSの登録
# virsh define /etc/libvirt/qemu/ゲスト名.xml
他のKVM仮想サーバからゲストOSを移動して登録したりなど。

ゲストOSの解除
# virsh undefine ゲスト名
管理から解除する。

イメージファイルの削除は手順が少し有る。
# virsh pool-list --all
で、削除対象のpoolを確認。
削除するイメージの確認。
# virsh vol-list pool名
イメージの削除
# virsh vol-delete --pool pool名 イメージファイル名

または、
# virsh vol-delete /var/lib/libvirt/images/イメージファイル名
でも削除可能。

ゲストOSへコンソール接続
# virsh console ゲスト名
接続出来ない場合は、ゲスト側にコンソール接続の設定を入れる。
grub.cfgのkernel設定に
console=tty0 console=ttyS0,115200n8
を追加。
CentOS7の場合は
/etc/default/grub
の”GRUB_CMDLINE_LINUX="行に追加し、
# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
を実行する。
# /etc/inittab
S0:12345:respawn:/sbin/agetty ttyS0 115200
行を追加し、ゲストOSを再起動すれば、ホストからのゲスト接続が出来るようになる。

KVMのゲストOS(CentOS6)をクローンで作成した後にすること。 [仮想サーバ]

KVMのゲストOSをCentOS6で作成し、virt-cloneコマンドや仮想サーバマネージャのクローン作成でコピーを作った後に、クローン元と同時に利用したい時にすること。
クローンしたゲストに作成されたmacアドレスをコピーする。

virsh edit ゲスト名
  ゲストのNW I/Fの設定を変更する。 virt-edit -d ゲスト名 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 IPアドレス、UUID、macアドレスを変更する。 UUIDはuuidgenコマンドで作成する。 virt-edit -d ゲスト名 /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules macアドレスを変更する。 virsh start ゲスト名 でクローンしたゲストを起動する。 あとはホスト名などを変更する。

KVMのゲストOS(CentOS7)をクローンで作成した後、起動しない時。 [仮想サーバ]

KVMのゲストOSをCentOS7で作成し、virt-cloneコマンドや仮想サーバマネージャのクローン作成でコピーを作り、にゲストを起動すると「ドメイン ゲストOSの起動に失敗しました」と表示が出て起動しない。
virsh list --allコマンドや仮想サーバマネージャのリストにはクローン作成したゲストは存在している。
原因はゲストOSの定義ファイルの一部が何故か更新されていない。
virsh edit ゲスト名
で、ファイルを開き、
path=に設定されている内容が、クローン元の情報になっているので、クローン作成した情報に書き換えると起動するようになる。

ただし、このまま起動するとクローン元と同じIPアドレスになるので、両方起動するのであれば
virt-edit -d ゲスト名 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
で、ネットワークI/F設定を開き、IPアドレスを変更すれば両方起動することが出来るようになる。
macアドレスはクローン元からは変更されているのでそのままでも利用可能。

Windows10で仮想環境を作る。 [仮想サーバ]

Windows10の無料アップデート期間中に、アップデートをしたのですが、
折角なので新規インストールでWindows10を入れた所、テスト環境で使用していた
Oracle VM VirtualBoxをインストールしたのですが、ゲストが起動しない。
正確にはゲストをインストール出来ませんでした。
インストールメディアを選択し、ゲストを起動するとインストール画面は表示されるのですが、
先に進まずフリーズ状態となります。
何種類かOSを試したのですが、どれも同じ現象でした。
CPUがIntel-VTに対応していて、BIOSでもenable(有効)にしているのですが。
ゲストOS選択時に64bit版が選択出来ない(表示しない)のも気になります。
サポートページには対応しているようなのですが。
http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/virtualbox/support/index.html

テスト環境でどうしても仮想環境が欲しいので、色々探していたらWindows10には「Hyper-V」と
いうのが標準で有りました。
Hyper-Vのインストールは簡単で、
「プログラムと機能」→「Windows の機能の有効化または無効化」→「Hyper-V」を選択で、
インストールが完了しました。
avastが入っているとインストール途中でエラーになるようですが、無効にすればインストールが出来ました。
インストール後はavastを有効にしても大丈夫そうです。
ゲストでCentOS7も無事にインストール・起動が出来ました。

操作性はOracle VM VirtualBoxと違いますが、使い勝手は悪く無いです。
Hyper-VはWindows10HomeやMobileには対応していないので注意が必要ですね。
ハードウェアが対応しているかを確認するのは、
systeminfo.exe
をコマンドプロンプトで実行し、Noが表示されなければ大丈夫みたいです。
メモリが最低4GBとなっているので、テスト環境で使うには8GB無いと厳しいかもしれませんね。

KVMでネットワークをbondingにした時の注意点 [仮想サーバ]

Redhat系OSでよく使用されている仮想サーバのKVMで、ホストでネットワークをbondingにした時の注意点。
ホストにある各ネットワーク・インターフェースをbondingで設定して、KVMのbrigdeインターフェースと繋ぐ設定にすれば構築は出来るのですが、ホストでネットワークの1本が切れた時に、ホストは他のネットワーク・インターフェースで接続されるけど、ゲストが接続されなくなる時がある。
原因はmacアドレスが片側のSWにしか登録されないため。
ホストはネットワーク・インターフェースを2つ持っているので問題は無いのですが、ゲストは一つしか持っていなため、通信している方のSWにmacアドレスが登録されているので、切断されもう片側に切り替わると通信が出来なくなってしまう。
ゲストからpingなどが送信されると通信が出来るようになるのですが、クライアントならまだしもサーバだとタイミングがあまり無い。
cronで定期的にpingを打つ方法もあるけど、arpingでarp送信する方が良さそうかも。

調べてみるとデーモンで動かす方法が有りました。
www.ibm.com/jp/linux/tech/doc/0041fca1.html
ここはリンク先が開けなかったのですが、他のサイトにも有りました。
https://gist.github.com/3856376
macrefresh.py
インターバルやNetI/Fが簡単に指定出来るのが良いです。
phytonを使っているので、phythonをインストールして使用します。
$ python -V
で、バージョンが表示されれば使用できるのかな。
$ ./macrefresh.py &
このスクリプトをバックグランドで起動するだけで、常駐はするみたいですが、
再起動したり、何らかでプロセスがダウンしたら止まるので、デーモンで動作したほうが良さそうです。
CentOS7系だとsystemdで動かすと便利でした。

この「macrefresh.py」をゲストに組み込んで、ネットワークの片側を切断してテストすると問題なく、通信が出来るようになりました。
インターバルが長いと切り替わりに時間が掛かり、通信が出来なくなる時間も出来ますが、ゲスト数が多くインターバルも短いと負担が掛かりそうなので、用途次第で設定したほうが良さそうです。

Oracle VM VirtualBoxのゲストOSへホストからtelnetで接続する方法 [仮想サーバ]

VirtualBoxでLinuxサーバーなどの検証環境などを構築したり、操作するときにゲスト上で操作すると何かと不便なことが有ったり、窓がもう一つ欲しくなったりすることが有りますよね。
ゲストOSがLinuxなどで、VirtualBoxのネットワーク設定がNATになっている場合だと、ホストからtelnetなどで接続することが出来ます。

設定方法はゲストOSの設定で、ネットワークを開き、NAT設定になっているアダプターを開き、高度の中にある「ポートフォワーディング」を開くとポートフォワーディングルールが開くのでここに追加すれば可能です。
追加する項目は、名前は任意でsshやtelnet、プロトコルはTCP、ホストIPは空欄、ホストポートは65536までの適当な数値を入力(例で2222)、、ゲストIPは空欄、ゲストポートにsshなら22、telnetなら23を入力して追加します。

ホスト側(WindowsPC)でTeratermを起動し、ホストにlocalhostまたは127.0.0.1を入力、sshかtelnetの設定した方を選択、ポート番号にゲストポートで設定した番号(例で2222)を入力してOKをクリックすると接続が出来ます。

Centos7などでsshがデフォルトでインストールされるOSで有れば、インストールして再起動後から使用することが出来ますね。
Teratermとかを使用すれば、操作ログも取れるので便利です。
数台の仮想サーバを構築して接続するときは、ゲストポートの番号が被らないように設定すれば、何台でもホストから接続が出来ますね。

使いやすい仮想サーバ「Oracle VM VirtualBox」 [仮想サーバ]

デスクトップで使う仮想サーバといえば「VMware Player」ですが、Oracleの「VirtualBox」も忘れてはいけません。
このVirtualBoxの無料版も、スナップショット機能があったりと、なかなか使い勝手が良いです。
日本語で表示されるのが良いですね。
プログラムは
http://www.oracle.com/technetwork/jp/server-storage/virtualbox/downloads/index.html
からダウンロード出来ます。

インストールもインストーラを起動すれば簡単にインストールが完了しました。
あとは仮想マシンの起動ですね。
CDROMからも出来ますが、isoファイルからも出来ます。
インストールウイザードが良いので、メモリの割当やCPUの割当も簡単に出来ました。

仮想マシンをインストールできたら、あとは起動ですね。
Guest Additions追加機能をインストールすると、ホストとのフォルダ共有なども出来て、
プログラムなども簡単に仮想マシンへコピーできるので、開発環境などもすぐに構築が出来そうです。
VMware Playerよりも使いやすいかもしれませんね。

お手軽な仮想サーバ「VMware Player」のインストール [仮想サーバ]

サーバの動作テストとかをするのにPC用意してインストールして、設定してだと時間が掛かるので、
簡単な方法として、仮想サーバを構築するのがお手軽ですね。
最近は色々な仮想サーバソフトが有りますが、一番簡単なのは「VMware Player」かと思います。
非営利目的の使用のみ無料ですが、自宅でテスト使用するには問題無いですね。
それ以上のことをする場合は、「VMware Workstation」を購入することになります。

使用するPCも最近はパワーの有るPCが多いので、特に考えなくても良いですね。
更に高度な使い方をする場合は、CPUがIVT(仮想化機構)等を搭載している必要は有りますが。
あとメモリも使うので、出来るだけ増やしたほうが良いですね。

インストールは
https://www.vmware.com/jp/
のサイトからインストーラーをダウンロードしてインストールすることが出来ます。
ユーザー登録が必要だったかな。
32bit版と64bit版が有るので、使用しているOSを確認すること。
Linux版も有るので、Linux使用している方はLinux版をダウンロード。

インストールが終わったら、仮想マシンの作成。
必要なのは構築したい仮想マシンのインストールDVDまたはCDROM。isoファイルでも可能。
サーバー用途の最小限のisoファイルなら数百MBくらいですが、GUIが標準のフルパッケージなんかは4GB以上有るので、光回線じゃないと厳しいかも。
WiMAX2とかPocket WiFiみたいに制限付きの回線を使用していると、直ぐに制限が掛かるので気をつけたほうが良いですね。この場合はDVDROMなどのメディアを用意したほうが良いですね。

仮想サーバ ブログトップ
スポンサードリンク
シャンパン酵母エキス